nekomari

運命のお砂糖

ついに、運命のお砂糖に出会いました。

いくらお肌に悪くても、太るとしても、シュガーハイになっても。甘いものを作ること、食べることが大好きすぎて諦められなかったので、せめてできるだけ体と心に優しい甘さを、と、探し続けていました。

条件はこんな感じ。
・やさしい甘さであること
・おいしいこと
・焼菓子が上手に焼けること
・料理の味を邪魔しないこと
・値段が高すぎないこと
黒糖、きび砂糖、てんさい糖、メープルシロップ、はちみつ、などなど、よさそうな糖類をたくさん試しました。(いつかココナツシュガーとアガベシロップも試したい。)
料理とシフォンケーキにはてんさい糖、クッキーにはきび砂糖など、用途によって使い分けていた時期もありました。
けれど、保管などを考え、できれば一本化したいと思い続けていました。

身体にはてんさい糖が一番やさしいと感じていましたが(依存性も少ないように思う)、ホクレンのてんさい糖の茶色はカラメル化された色らしい、というのと、クッキーがいまいちうまく焼けないことが気になり、てんさいグラニュー糖にしてみたりもしました。
でもこれはきつい甘さで、通常のグラニュー糖とあまり変わらないように感じました。

そしてそして、ついに理想の砂糖を見つけました!
こちらです。ムソーのてんさい含蜜糖・粉末。

少し高いけれど、味も良く、溶けやすく、クッキーもケーキもおいしく焼ける。そして太らないし、身体に優しい感じがする。
しばらくはこちらにお世話になろうと思っています。
いま4袋目くらい。ほんとうにおすすめです!
(てんさい大根の農薬問題にはひとまず目をつぶって・・・・)